アクセスカウンタ

<<  2008年9月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


2008年46本目 『TOKYO!』観ました!

2008/09/14 16:10
『TOKYO!』観ました!

監督:ミシェル・ゴンドリー レオス・カラックス ポン・ジュノ
出演:藤谷文子 加瀬亮 ドゥニ・ラヴァン ジャン=フランソワ・バルメ
    香川照之 蒼井優

三本のオムニバス映画

三人の監督のことは知らず、なんとなく観に行きました。

1本目はある女の子が最後に人間以外のものに
なってしまうんだけど、それを悲観している訳ではなく
むしろ幸せに感じている。居場所を、自分を必要としてくれる人を
見つけたということろに落ち着く。
とてもシュールな作品。

2本目は下水道のマンホールからたまに地上に出現する怪人メルド。
このての作品は苦手で苦痛にしか思えない・・

3本目はひきこもりの話。
香川照之と蒼井優の言葉少なな演技が楽しめる。
ストーリー展開もおもしろい。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


舞台 『女教師は二度抱かれた』観ました!

2008/09/07 19:32
『女教師は二度抱かれた』観ました!

作・演出:松尾スズキ
出演:大竹しのぶ 市川染五郎 阿部サダヲ 市川実和子 荒川良々
    池津祥子 皆川猿時 浅野和之 松尾スズキ 星野源

3度観ました!

2回は立ち見で3時間半がんばりました!

シアターコクーンの中2階席の早い番号は
結構観やすいです。
しかも3500円とお手頃価格だったので
助かりました。

面白かったです!

一番はサダヲちゃん見たさに行ったのですが、
サダヲちゃんはもちろん、それ以外の役者さんも
とても魅力的でした。

松尾さんの七変化(?)にはかなり笑いました!

一番はあの何言っているか全くわからない
ヒッピーみたいな人!
あれは最高でした。

サダヲちゃん、ステキでした!!
なんであんなにキュートなんでしょう!!!

栗の介(サダヲ)がお子様ランチと一緒に踊るシーンが
とても好きです。その動作ひとつひとつがなんだか
とってもいい感じなんです。

それから何度でもみたいシーンは栗の介が「小劇場風情が〜」と
思わず言ってしまったことに対して謝るくだり。

あのセリフとい動きといい、ほんといいですよね〜!
観て、聞いて、とても気持ちいい。

もっとサダヲちゃんの歌を聞きたかったな。

曲は星野源さんが作ったとのことですが
とっても良かったですよ。

歌うまいし・・・

笑いはたくさんあるんけど、ただのコメディではない松尾さんの作品に
とても惹かれます。

千秋楽では今まで2回のカーテンコールが拍手が鳴り止まず
もう2回ありました。

サダヲちゃんにもマイク向けて欲しかった〜。

終わってしまった時は本当に寂しくて、
心にぽっかり穴が開いてしまったようでした(笑・・でも結構ホントのこと )

またサダヲちゃん生で観たいです。

映画とドラマと大忙しのサダヲちゃんだから
当分は無理かもしれないけど・・・
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2008年45本目『百万円と苦虫女』観ました!

2008/09/07 18:49
『百万円と苦虫女』観ました!

監督:タナダユキ
出演:蒼井優 森山未來 ピエール瀧 竹財輝之助 齋藤隆成

拾った子猫を捨てられてしまったことに腹をたてた
鈴子はその人の持ち物を無断で捨ててしまう。
そしてなんと刑事告訴され、前科者となってしまう。
鈴子は家族に迷惑をかけまいと、百万円貯まったら家をでると
宣言する。

***

自分を探さない旅・・・

百万円貯まったら別の町へ行く。

流れ者という感じで聞こえは良いが
ただ、いろんなものから逃げているだけだった。

それに気づきつつも、現実に向かい合っていなかった
彼女に改めてそのことを気づかせてくれたのが弟だったというのが
とても良かったです。

でも最後の森山未來との関係の
どんでん返しには少し無理があったような・・・

本当に嫌なやつに見えましたよ。



百万円と苦虫女 オリジナル・サウンドトラック
Columbia Music Entertainment,inc.( C)(M)
2008-07-02
サントラ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 7 / コメント 0


2008年44本目 『デトロイト・メタル・シティ』観ました!

2008/09/07 18:36
『デトロイト・メタル・シティ』観ました!

監督:李闘士男
出演:松山ケンイチ 加藤ローサ 秋山竜次 細田よしひこ 松雪泰子
    鈴木一真 高橋一生 宮崎美子 大倉孝二 岡田義徳 ジーン・シモンズ

小沢健二のようなポップミュージシャンを夢みて上京した根岸君。
メジャーデビューという夢は叶ったものの、それは自分のやりたい
音楽とは正反対の、カリスマ的人気のデスメタルバンドの
ボーカル「ヨハネ・クラウザー・II世」だった。

***

(ちょっとネタばれあり)

原作は読んでませんが、面白かった!

わかりやすいし、単純に楽しめました。

クラウザーさんの歌声も松山ケンイチ本人ですよね?
ちょっとびっくりです。

彼はいろんな役ができるんですね。
しかもそれぞれが結構はまっている。

でも、私の笑いのつぼにはまったのはやっぱり
大倉孝二です!

あの人おもしろいですよねー。

彼がクラウザーさんの行動を勝手にファンに都合のいいように
理由づけするのがとても笑えた。

ちょっと納得いかなかったのは
最後のほうのシーンでクラウザーさんの格好して
ポップな曲をやるところ。

あれは必要かなぁ・・・











デトロイト・メタル・シティドキュメントDVD 松山ケンイチ×クラウザーII世×根岸崇一
東宝
2008-08-08

ユーザレビュー:
マツケン☆メタル今、 ...
「見えない力」が見え ...
コストパフォーマンス ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2008年43本目 『セックス・アンド・ザ・シティ』観ました!

2008/09/07 18:20
『セックス アンド ザ シティ』観ました!

監督:マイケル・パトリック・キング
出演:サラ・ジェシカ・パーカー キム・キャトラル シンシア・ニクソン クリスティン・デイヴィス
    クリス・ノース デビッド・エイゲンバーグ ジェニファー・ハドソン

涙なくしてはみれません!
何度観ても泣くでしょう!!

4人それぞれ、新たな1歩を踏み出した
という感じで、とっても感慨深いです。

ドラマを全部見ているので、4人がとても
身近な存在ゆえに感情移入してしまう。

ビッグの態度には腹が立ったけど、
自分の気持ちに正直で、そのことに向かいあえる
勇気はとてもステキだと思う。

正直言って、出演者は特別美しい女優ではないと思うんです。

初めて、このドラマのビデオレンタルのパッケージを
見たとき、なんだかイマイチの4人だな〜と思いました。

でもみているうちに不思議なもんでなんだかとってもよく見えてくるんですよね。

大人になってもあんな関係でいられる友達というのは
貴重だと思います。

それにしても驚いたのは、お客さんに男性が多かったこと!
おじさん1人できてたりとか、男性2人でとか・・
歌舞伎町で土曜日の昼だったせいかな・・・








SEX AND THE CITY:THE MOVIE
ランダムハウス講談社
エイミー ソーン

ユーザレビュー:
最高!!TVシリーズ ...
「時間とともに失うも ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0


2008年42本目 『ジャージの二人』観ました!

2008/09/07 18:01
『ジャージの二人』観ました!

監督:中村義洋
出演:堺雅人 鮎川誠 水野美紀 大楠道代 田中あさみ

ある夏、32歳の息子と54歳の父は
別荘で過ごす計画を立てる。

携帯も繋がらないその別荘で
2人で古着のジェージを着て過ごす。

特別何をするでもなく、日は過ぎていく・・・

****

鮎川さんのあのチャーミングさはなんなんでしょね〜!
役者にはあのなんとも言えない味は出せないんじゃないでしょうか・・

本当に魅力的なオヤジです。

ファミコンの麻雀のあの音!!
ものすごく懐かしかったです。

ジャイアントカプリコのくだりも笑えました。
私も大好きなので・・・

2人のところに妹と、その後に息子の嫁が
泊まりにくるんだけど、ほとんどジェラシーに
似た感情を持ちましたね〜。

それほど、2人の佇まいや、やりとりが
なんとも言えない、いい味をだしているんです。




ジャージの二人 (集英社文庫 な 44-1)
集英社
長嶋 有

ユーザレビュー:
父子のゆるーい避暑生 ...
映画鑑賞後に読みまし ...
シンクロする時間感覚 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2008年41本目 『純喫茶磯辺』観ました! 

2008/09/07 17:48
『純喫茶磯辺』観ました!

監督:吉田恵輔
出演:宮迫博之 仲里依紗 濱田マリ 近藤春菜 ダンカン
    和田聰宏 ミッキー・カーチス 斎藤洋介 麻生久美子

父と2人きりの生活を送ってきた咲子。
ある日、おじいちゃんが亡くなりその遺産が父の手へ。
その日から、父は仕事をしなくなりぐーたら生活へ。
そんな父が突然喫茶店をやると言い出す。
しかもその動機は女の子にもてたいから・・・

***

1週間くらい前に観たんだけど、
そのときは予想してたより、面白かったな〜と
思ったはずなんだけど・・・

何だかあまり印象に残っていない・・・

う〜ん

なんだかんだいいながらも
離れていながらも家族の愛が
ふとしたことで感じられるってことは
いいな〜と思った。





 
純喫茶磯辺 (竹書房文庫 よ 1-1)
竹書房
吉田 恵輔

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2008年40本目 『ぐるりのこと。』観ました! 

2008/09/07 17:30
『ぐるりのこと。』観ました!

監督:橋口亮輔
出演:木村多江 リリー・フランキー 倍賞美津子 寺島進 安藤玉恵
    八嶋智人 寺田農 柄本明

女にだらしのないカナオときちりとした性格の翔子。
彼女はセックスをする日もきちんと計画を立て、実行しないと
気が済まない。
そのかいあって(?)、やっとのことで念願の子を授かるが、
流産してしまう。
そのことをきっかけに翔子の精神状態がおかしくなりだし、
鬱になってしまう。
そんな彼女を受け止めようとするカナオ。
夫婦というものの在り方を考えさせられる物語。

***

付き合いの長い2人にはとてもリアルに感じられる作品。

鬱の妻をまるごと受け止めようとする、夫の姿には
じーんとくる。

それをカナオが無理をしている様子もなく、当たり前のように
しているところがいい。

そしてそのカナオというのは、リリー・フランキーそのもののように
見えてしょうがない。

あまりの自然さに素のリリー・フランキーを覗き見しているようで
ドキっとする。

夫婦というのは付き合い初めのような、情熱的なものはないかもしれないけれど
お互いを大切に思う気持ちは増して行くものなのだろう。

天井画を2人で見上げているシーンはとても
印象的で心に残ります。

とても良い作品で、涙が溢れました。




ぐるりのこと (新潮文庫 な 37-8)
新潮社
梨木 香歩

ユーザレビュー:
いつ読んでも深い梨木 ...
題名が素敵「ぐるり」 ...
前作よりも抽象的だが ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2008年39本目 『たみおのしあわせ』観ました!

2008/09/03 01:57
『たみおのしあわせ』観ました!

監督・脚本:岩松了
出演:オダギリジョー 原田芳雄 麻生久美子 小林薫 大竹しのぶ 富士眞奈美
    川辺久造 石田えり 忌野清志郎

母親が他界し、小さい頃から父と2人で暮らしてきたたみお。
父親が付き合う女性といつも折りがあわず、父親もそれをさっし、
女性をとうざけてきた。
そんなとき、たみおは何度目かのお見合いの末、結婚を決意する。
ちょうどその頃に、15年振り(?)にニューヨークから帰国したという
母の弟、つまりたみおの叔父が2人の前に現れる。
そこから話はおかしな展開へ・・・

***

う〜ん・・

まず言えるのは、岩松了監督、オダギリジョー、麻生久美子出演じゃなきゃ
観てないかな・・・ということ。

時効警察的な笑いなのかと思いきや
そうではない。

これは父と息子の親子愛(?)の話か?
それともファザコンの話か?

結婚というものに興味などなさそうなたみおが
なぜ何度もお見合いをしているのか?

それは父親のためだろう。
自分がこのままでは父親の重荷になっている。
父親の好きなように好きな女性と好きにやって欲しいと思っている。

結婚をたみおが決めたのも、父親にいい人がいるということがわかり
うまくいきそうだからということもあるのではないかと思う。

だからこそ、父親が実はその女性に裏切られていると
知ってしまった今、結婚に迷いがでたのだろう。

父親は父親で、女性との仲もぎくしゃくし、
それにたみおの婚約者のたまに見せる男癖の悪さ、
自分の女癖の悪さを考えると、この先が不安になり、
最後にあのような驚きの行動に出たのだろう。

なんとも驚きの結末・・・

にんまりせずにはいられない。

ただ、あのフィールドオブドリームズのような終わり方はあまりすっきりしない。

それにしても、オダギリジョー、
あの役結構はまっていて、笑えた。

それと光石研さんのあの使い方は
贅沢すぎないか・・・





ゼン・サマー・ケイム
エイベックス・エンタテインメント
2008-07-02
勝手にしやがれ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


<<  2008年9月のブログ記事  >> 

トップへ

ayu日記 2008年9月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる