ayu日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 2006年8月4日 結婚式無事に終わった・・その2

<<   作成日時 : 2006/08/07 00:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2006年8月4日金曜日 結婚式当日

晴天の夏空が広がっている。
今日も猛暑になりそうだ。

ダンナが起きてきてなにげなく言った一言。
うれしかった。

「いろいろ結婚式の準備ありがとね」って。

当日の朝にいうのもなんだか憎い演出だけど、
結構私はこう見えても感動屋さんなので
素直にじーんときた。


Tシャツにデニムスカートにうちのダンナのキャップを
目深にかぶり、サンダルといったいでたち。

どうみてもこれから結婚式をあげるようには見えない。

この猛暑の中、スーツ姿のダンナはかなり暑そう。

15時に式場いり。

これから私はヘアメイク。
ダンナ1時間暇つぶし。

汗がひいたところでメイクがはじまる。
小窓からは涼しげに緑がゆれ、セミが夏本番といった感じで
なきはじめた。

メイクさんと地元の話で打ち解けながらもメイクが完成していくうちに
緊張が高まってくる。
たまにメイク室の外で待っているダンナの咳払いが聞こえてくる。
メイクをしてウエディングドレス姿の私をみたらどんな顔をするか楽しみだ。

ドレスはクラシカルな感じのシンプルなもの。
オフホワイトで光沢感がある。
一目見て気に入ったドレスだった。

髪飾りはボンネ。

式場のドレスの雰囲気を考えるとボンネが一番しっくりくる。

それにあわせるには髪型はやはりアップで、しかもクラシックに
まとめたい。

メイクさんは私のイメージをうまく形にしてくれた。
ブーケもクラシックな感じでカサブランのキャスケード。
ぴったりだ。。

ドレス姿でダンナと対面。

特に感想は言ってなかったが、満足そうな顔をしていたように思う。
私の勝手な解釈だが。。

自分でも結婚式にふさわしい感じに変身できたなと思ったので
ダンナも満足だったのではないかと思うけど。。

2人の着替えが終わった所で、写真撮影がはじまる。

中庭の緑に囲まれた石畳でいろいろな角度で写真撮影。

うまく笑顔がつくれない。
こわい顔に写ってそうで心配。

そこに、おかーさんの笑顔があらわれた。
そしておとうさん。

やっとウエディングドレス姿をみせることができた。

おあかーさんの親バカの一言
「ヘップバーンみたいできれいだよ」って。

うれしかった。

簡単なリハーサルを終え、親族写真の撮影後、いよいよ挙式がはじまる。

友達も到着し、見慣れた安心する顔がいっぱいあらわれた。
みんなきてくれた。

ありがとう。
それにしても、ウエディングドレス姿なんて本当に照れるものだ。

カサブランカの甘く、高貴な香で満たされた教会。
アンティークのいすにアンティークのオルゴールに赤いヴァージンロード。

おとーさんとヴァージンロードのはじまりにたつ。
オルゴールの音がなりはじめ、歩きはじめるまでの30秒が
やけに長く感じる。

右足、左足とゆっくりとヴァージンロードを歩んでいく。
おーとーさんがよろけそうになるのを支えながら新郎のもとへ。

神父さんの前まできたとき緊張がピークになっていた。
神父さんの話なんて頭にはいってこない。
ただ、注意深く神父さんの指示を聞きながらそのとおりに動いていく。

指輪交換のとき、ダンナの手のひらが今まで見たことが
ないくらい汗でキラキラ光っていた。
そんなに緊張しているんだと少し驚いた。

キスは写真をとる暇もないくらいはやわざで
ちょっと笑いがおきてた。

さいご退場のときはなるべく早歩きにならにようにとは
思っていたが、たぶん結構早足だったと思う。
最後に内回りで振り向いて一礼を危うく忘れそうになる。

ふ〜っ、終わった。

あとはこのあとレストランで会食。
はじめの簡単なスピーチが終われば、
あとは緊張する場面がないはず。

この日のためにえらんだオフホワイトのワンピースに
パールのネックレスとピアスをつけて、準備OK。

みんながまっているレストランへ。

2人の入場の曲はYEN TOWN BAND
(映画『スワロウテイル』のサントラ。劇中ででてきたバンドでチャラがヴォーカル。)
の『MAMA’S ALRIGHT』

簡単はスピーチをダンナ、そして私としていく。
そのあとおとうさんの乾杯の音頭。

今日来てくれたことへの感謝の気持ちと手作りの席札のみんなの名前の
後に「様」を付け忘れたことのお詫びを忘れずに。。

スピーチもおわり、緊張から解放され、おとうさんのちょっと緊張気味の
乾杯の音頭で食事会がはじまる。

みんなと会話したり、写真とったりとできるような
カジュアルなものだったのでそれがすごく良かった。

今まで呼ばれた結婚式でこういう形式のものはなかったけど、
とても楽しめた。

私たちの心配もよそにかなりにぎやかだったので、食事中にかけるように
選曲したボブディランも誰として聞いていなかったよう。。
私としてはレストランの雰囲気ととても曲があっていたと思ったんだけど。

最後は両親への花束贈呈と私から両親へ手紙を渡した。

ちょっとおかあさんは涙ぐんでいたようだった。

最後は新郎父にしめてもらって、みんなをお見送りしてお開き。

無事おわった!

この後に2次会にいって(2次会はなかなか店に入れずもたもたしてしまって
みんなに悪かったけど。。)タクシーで帰宅。

はぁ〜、おわった〜という安心感でいっぱいだった。
その日の夜は興奮さめやらずといった感じでよく眠れなかった。

みなさんありがとうございました。
なにがあっても飛んでいくよといってくれた友人達。
そんなふうにいってくれる友達がいるってことは
しあわせだなー、ありがたいなと思う。

そういう気持ちを大切にしたいと思うし、
みんなが幸せになれればいいなと心から思う。

振り返ってみると本当に結婚式あげてよかったと実感。
自分達にとっても、両親にとっても。。

これでやっとけじめがつけられたというのもあるし、
ドレスを着るとなんだか神聖な気分にもなるし。

この人と結婚したんだなって実感させられて、
大切にしないとなって思えたし。。

この終わった後の感じで今までに味わったことないような感じ。

うまくいえないけど、幸せのベールに包まれているというか。。
予想していなかった感情。

もうすこしの間この感じ続いて欲しい。
できれば永遠に。。


















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2006年8月4日 結婚式無事に終わった・・その2 ayu日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる