ayu日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 2008年39本目 『たみおのしあわせ』観ました!

<<   作成日時 : 2008/09/03 01:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

『たみおのしあわせ』観ました!

監督・脚本:岩松了
出演:オダギリジョー 原田芳雄 麻生久美子 小林薫 大竹しのぶ 富士眞奈美
    川辺久造 石田えり 忌野清志郎

母親が他界し、小さい頃から父と2人で暮らしてきたたみお。
父親が付き合う女性といつも折りがあわず、父親もそれをさっし、
女性をとうざけてきた。
そんなとき、たみおは何度目かのお見合いの末、結婚を決意する。
ちょうどその頃に、15年振り(?)にニューヨークから帰国したという
母の弟、つまりたみおの叔父が2人の前に現れる。
そこから話はおかしな展開へ・・・

***

う〜ん・・

まず言えるのは、岩松了監督、オダギリジョー、麻生久美子出演じゃなきゃ
観てないかな・・・ということ。

時効警察的な笑いなのかと思いきや
そうではない。

これは父と息子の親子愛(?)の話か?
それともファザコンの話か?

結婚というものに興味などなさそうなたみおが
なぜ何度もお見合いをしているのか?

それは父親のためだろう。
自分がこのままでは父親の重荷になっている。
父親の好きなように好きな女性と好きにやって欲しいと思っている。

結婚をたみおが決めたのも、父親にいい人がいるということがわかり
うまくいきそうだからということもあるのではないかと思う。

だからこそ、父親が実はその女性に裏切られていると
知ってしまった今、結婚に迷いがでたのだろう。

父親は父親で、女性との仲もぎくしゃくし、
それにたみおの婚約者のたまに見せる男癖の悪さ、
自分の女癖の悪さを考えると、この先が不安になり、
最後にあのような驚きの行動に出たのだろう。

なんとも驚きの結末・・・

にんまりせずにはいられない。

ただ、あのフィールドオブドリームズのような終わり方はあまりすっきりしない。

それにしても、オダギリジョー、
あの役結構はまっていて、笑えた。

それと光石研さんのあの使い方は
贅沢すぎないか・・・





ゼン・サマー・ケイム
エイベックス・エンタテインメント
2008-07-02
勝手にしやがれ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2008年39本目 『たみおのしあわせ』観ました! ayu日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる