ayu日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 2007年M ゲキ×シネ『髑髏城の七人〜アカドクロ』みました!

<<   作成日時 : 2007/02/25 18:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ゲキ×シネ『髑髏城の七人〜アカドクロ』みました!

作:中島かずき
演出:いのうえひでのり
出演:古田新太 水野美紀 佐藤仁美 坂井真紀 橋本じゅん 

劇団☆新感線の代表作ともいわれる『髑髏城の七人』。
初演は1990年。その後7年ごとに再演を繰り返している。
2004年に上演された本作品が新宿バルト9のゲキ×シネで上映された。

時代は織田信長が倒れた後8年が経った世。
関東は髑髏党の天魔王という謎の仮面の魔人が牛耳っていた。
関東髑髏党におわれる沙霧を行きがからりから助けた謎の牢人、狸穴二郎衛門と
玉ころがしの捨之介は色街無界の里の住人である無界屋欄兵衛に匿ってくれるように頼む。
話が進むにつれそれぞれの衝撃的な過去があきらかになっていく。


****

色々な角度からの映像があり、舞台にとても奥行きがあるように
みえておもしろかったです。
古田新太主演ということで、もっとギャグ満載なのかと思いきや
そうでもなかったです。あまりみたことのない真面目な場面が多くて
なんだか笑っちゃいました。
太っているし、髪形も金髪の襟足だけ伸ばしているおばちゃんみたいなのに
だんだんカッコ良くみえてくるから不思議です。
チャンバラシーンが結構多かったかな。

ストーリーは簡単にいってしまえば、勧善懲悪的なものだけど
ちょっと泣いちゃいました。
内容的にもそうですが、最後に出演者たちがみんないい顔して
カーテンコールででてくるのをみると、なんだか感動しちゃいますね〜。
ゲキ×シネは映像なので、それぞれのアップを映し出すので表情が
良く見えるんです。

水野美紀ってあんな役できるんですね〜。
女だけど、男前って感じでした。

同じ時間を共有した感じは映像でも少しは味わえるような気がします。

ゲキ×シネのひとつのお楽しみでもある上映前と上映後のアナウンスですが、
今回は古田新太さんがやってくれていました。

次はぜひ『髑髏城の七人〜アオドクロ』もみてみたいですね!



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2007年M ゲキ×シネ『髑髏城の七人〜アカドクロ』みました! ayu日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる