ayu日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ゲルマニウムの夜』見ました!

<<   作成日時 : 2006/03/12 20:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

『ゲルマニウムの夜』見ました!

監督:大森立嗣
原作:花村萬月
出演:新井浩文、大森南朋、石橋蓮司

昔、この原作を読んだことがあり、
主演も新井浩文で、一角座というのにも惹かれ見に行った。

かなり前に読んだので、ストーリーはなんとなくしか
覚えていなかった。
おぼろげながら、印象に残っていたのは。。

修道院、性、暴力、罪。。

人を殺した少年が昔いた修道院に戻ってくる。
その狭い世界での話。

***

上野の博物館の敷地内に期間限定で作られた映画館。
一角座。
かなり中はガラーンとした感じで席も少なかった。

映画はかなりすごい。。
すごいというか、かなり気持ち悪いシーン満載。。
2回は見たくないかな。

ストーリーの展開はあまりない。

目を背けたくなるような、人間の汚さや、いやらしさを
見せつけられたような感じ。

そして、心をえぐられたような感じ。。

かなり見終わった後は体力消耗でした。

おもしろかったかと聞かれたら、
おもしろくはない。

ただ、いい感情にしろ、悪い感情にしろ、
これだけ人の感情を揺さぶると言うのは
ある意味すごいことだと思う。

上演後、主演の新井浩文と監督の大森さんが
あいさつに来てくれて、パンフレットにサインして
握手をしてくれていました。
新井君はちょっと怖かった。

監督の大森さんをみたとき、
出演している大森南朋さんにみえて、
あの人が監督だったんだと思い、
かなりびっくりしたんですが、(私視力かなりわるいんです)
よくみたら別人でそれにもびっくりしました。

そしたら、パンフレットにこの2人兄弟だって書いてあって、
それにもびっくりしました。

すごい映画を作ったもんだ。。

かなりの批判もあるだろうに。。

レンタルになってもこの手の映画は
なかなか借りる気にならないので、
今回一角座で見れてよかったと思います。





ゲルマニウムの夜
ゲルマニウムの夜

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ゲルマニウムの夜
 東京国立博物館の敷地内、ひっそりとした茂みの中に一角座はある。プレハブの小屋、必要最低限の内装はまるでサーカス小屋を彷彿とさせる。そして低く流れるヴェルディのレクイエム。後からわかったことだが、それは映画の雰囲気を嫌が応にも盛り立てていた。 ...続きを見る
パレード
2006/03/14 19:37
ゲルマニウムの夜、チラシ!
配役新井浩文広田レオナ大森南朋三浦哲郎大楽源太山本政志麿赤兒津和孝行石橋蓮司佐藤慶早良めぐみ木村啓太…濃いです濃いけどなにしろチラシが格好いいっての。くひ。 絵画寺門孝之てのもくすぐられちゃうところの原作花村萬月監督大森立嗣の制作総指揮荒戸源次郎ってこれ ...続きを見る
つるつる独楽
2006/03/14 22:42

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『ゲルマニウムの夜』見ました! ayu日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる