ayu日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 『オールアバウトマイマザー』見ました!

<<   作成日時 : 2006/01/02 20:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

『オールアバウトマイマザー』

ペドロ・アルモドバル監督作品
セシリア・ロス、ペネロ・クルス出演。

17歳の息子を事故で失ってしまう母親。
2人っきりで暮らしていた親子。

息子はどんな父親であろうと、事実を知りたかった。
そして、それを話してくれることが、母親からの
最高の誕生日プレゼントだと言っていた。

だけど、彼は真実を聞かないまま誕生日に逝ってしまう。。

その母親が息子の父親を探し旅にでる。

****

女性の強さ、母親の強さ、を感じる映画。

息子の死。
性転換してしまった父親。
その夫の子を身ごもった別の女性。

彼女は全てのことを許し、
受け入れ、乗り越えていく。

その強さ、寛大さに感動する。

息子の死後の旅は
彼女にとっては前へ進むために
必要なものだったと思う。

でも息子がいたこともしらなかった夫の立場からみると、
何年ぶりかに再開し、実は息子がいたことを知らされ、
しかも事故で死んでしまったと告げられたショックは
かなりのものだと思う。

しかも再開したのは関係があった別の女性の
お葬式。。
さらにその女性も自分の息子を産んでいたなんて。。

しかっりしなさいっ!とカツをいれたくなるけど
女性にスポットをあてた映画だから
まあ、いっか。。

ちょっと印象的なセリフがあった。
「女は孤独をさけるためなら、なんでもする」

わからないでもない。

これが女の強さにもなり、
弱さにもなると思う。


オール・アバウト・マイ・マザー
オール・アバウト・マイ・マザー [DVD]

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
オール・アバウト・マイ・マザー(99・西)
ひとりで育て上げた最愛の息子を交通事故で失った女。 息子に父のことを一言も話さなかった女は、息子の死を告げるべく別れた夫を探す旅に出る…。 ...続きを見る
no movie no life
2006/02/19 21:02

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
TBありがとうございます。
<孤独を避けるためならなんでもする>は気付きませんでした、何でも・・・するかなあ?ちょっと自分では分かりません。ホントの孤独になったことがないからかもしれません。

・・・「父」バージョンはないんですかねえ。

カオリ
2006/02/20 22:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
『オールアバウトマイマザー』見ました! ayu日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる